ママの駅に来られた素晴らしい保育士さんたち


昨日来られた最後のお客様、保育士さん4人組。

保育士として向上したいけど本屋さんに行っても何を読んだらいいのかわからないということで来られました。

ちょっと遠いけど早番で仕事終わってきましたといい、17時半に来られました。閉店までわずかな時間、私は保育士として成長したい、一流の保育士になりたい、
その気持ちに心打たれ彼女たちがもう帰りますというまで店をあけさせていただきました。

幼児期の体験や経験、教育はその後の人生を大きく左右すると思います。保育士さんはお給料は安いけど重要なお仕事だと思います。

でも保育士さんは子供のために必死です。そんな保育士さんをママの駅では応援したいです\(^o^)/

保育士さん頑張れ!私も悩む保育士だったから気持ちはわかります。いつでも相談しに来てくださいね。
1617725_1519949611568058_7104469654719381276_o
◎最後に日々の生活に幸せを感じられたい方へ

ママの駅には遠くは北九州や、広島から、関西から、福岡では東区、西区の方がわざわざ電車に乗って、車で来られています。
ベビーカーを押して、抱っこひもにお子様を抱いてはるばる糸島からきたいう方もいました。この2カ月で
ママは子育てがわからず孤独を感じ、旦那さんにも相談できず悩まれている人が非常に多いことがわかりました。
また保育士さんや幼稚園や小学校教諭の方も子供を持ってられない方はお母さんの気持ちがわかりたい、おすすめの本を
知りたいそういう方が多いようで、保育士さんのかけごみ寺にするつもりは最初からなかったのですがそのような
方が増えてきました。
メールなどで「行きたいんですけどいけなくて」「忙しくて」といわれ来たいけど来られないという方も多いので
メールでの相談もしようと思っています。
ただ本当にママとして充実したい、保育士として充実したいという熱意のある方は、お店あけていてください今から
行きますのでといってお電話をされ来られます。
そういう方をみていると忙しいからいけないと言っているうちはそこまで情熱のないようにも思います。

子育て中のママ、悩みがあっても私は大丈夫と気を張ってママの駅みたいなところがあっても見ないようにして
頑張ってきたけど実際はこんなつらいとことがあるといって涙を流され、すっきりして帰っていかれる方もいます。
そうして勇気を出し、ママの駅を訪ねてくれたお客様には幸せになってほしいです。

せっかく訪ねてくれたお客様には来てよかったと思うようにしてあげたいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です