2014年6月10日オープン、2017年3月31日卒業~ママの駅ストーリー㉕~2017年2月のこと


❤事業の失敗の理由⑥ 経営者の仲間がいなくて1人でしてしまった

事業をするなら一緒にする仲間がいた方がいいです。
仲間じゃなくてもメンターみたいな人が1人いたらいいと思います。

一緒にお店を作ってくれる、二人三脚で歩いてくれる人
経営者の経験があるひとなら、なお良しですが、折れた時だけでも一緒にお店を手伝ってくれる人

精神的にしんどいときポップさえ書けなくなります。

ポップとか書いてくれたり、お話を聞いて動いてくれる便利屋さん

そんな人がいてくれたら、月数万+交通費を払ってでもいてくれたらいいなと思いました。

しかしコンサルタントさんは高くて、経営経験もない方もいるので私は経済的に雇えませんでした。

 

1人だと経営がうまくいかないとき、すごく思い詰めるし、経営がうまくいかないとき心が折れて何もしたくなくなります。
スタッフとして雇ってもスタッフは、経営者とは違うところがあります。

多くのお客様からこんな風にしたらいいよ、こんな風に片づけたらいいよとたくさんのアドバイスをいただきました。

こんな風に言うのは失礼ですが、いうだけの人がたくさんいます。
手伝ってというと時間がないと去られます。
ただ売買契約がないのでそういわれる気持ちもわかります。

アドバイスを受けても体が本当に動かなかったです。
精神的なしんどさは一番こたえます。おいしいご飯でさえおいしくなくなります。
楽しいことをしていても楽しくなくなります。

売れないストレス、お客様が来ないストレス、お客様が来ると言いながら全く来ないときもありました。

そのストレスを抱えながら、家に帰り家事をして子育てをして、次の朝を迎える
その繰り返しで、心が折れました。

ずっとずっと閉店を決意するまでは闇の中を走っていました。

考えたらうつだったのかなと思います。

1人でしている経営者ほどうつになりやすいと思います。

私がしたいこと、将来したいこと

もしかしたら低料金で1人経営者の方のための何でも屋さん、メンターになれればなとふとぼわーんと構想を描いています。

飲食店での店長さんも、イベント一緒の方も、心がまいっているのをみたからです。

心疲れた時、自分でしか痩せなかったからアロマに本当にお世話になりました。
ここのメーカーのアロマはネットワークビジネスのアロマで印象が良くないのですが、私はネットワークをしたくてアロマはしていません。

水に入れて飲めるし塗布できるしお料理に使えるからそれだけで決めました。
1部私がネットワークビジネスをしている誤解をしている人がいるみたいですが、私は愛用しビジネスはしていません。
でもお客様の中にはアロマが好きで使っていきたいかたがいるので、そんな方には伝えて使ってもいいし、使わなくてもいいのでお好きにどうぞ、と言っているだけです。

何事も私欲は入れたくないと思っています。

あと少し心が元気になったらおいしいものを食べることで自分を癒しました。
かなり太りました。

そして飲酒の量も増えました。

一緒に分かち合え歩いて行ける人がいたらいいなと思いました。

 

 

❤ママの駅ストーリー25話

2017年2月…

本当は2月末に閉店する予定でした。

しかし…

3月までのびました。

ありがたいと思いました。

その告知をしてからお客様がたくさんよかったと言ってくださいました。

ただ、すごくお客様が来てくれていたのに

寒いのもあり、閉店日が伸びたのもありお客様が来ない日が続きました。

閉店なのに…

1人悩む日が、何も手につかない日が続きました。

1人経営のしんどさ、1人で抱え込む辛さ、

あーもうこんな体験はしたくない、
もし次何かするなら、誰かと一緒か、メンターがいないとしたくないとハッキリ思いました。

断捨離の決意ができました。

そんな時、

何人かの一人経営者さんからブログで勇気づけられたと連絡をいただきました。

自分のことを赤裸々にブログに書いて本当によかったと思いました。
これからもそんな方たちを心から励ましていければと思いました。

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です