2014年6月10日オープン、2017年3月31日閉店~ママの駅ストーリー①~2014年1月のこと 


 

❤前置き

ママの駅閉店まであと40日

ママの駅をオープンし閉店するという結果になりましたが、この3年間たくさんの学びと気づきをいただきました。4月からは新たな道に行くことを決定しました。それまで文章だけでもお客様とつながれたら本当にうれしいなと思い、少しずつ思い出し、つづりストーリー風に描けたらいいなと思いつづっていきます(^_-)-☆

なんでも嘘はつかず格好はつけず正直になので、読みにくさもあると思います。自分勝手に書いているので、読めない方はスルーしてください。

ストーリーを書いていきたいと思います。

❤ストーリーの始まりです

ママの駅の場所、2014年1月に見つけました。それまでは南区長丘の方で子供服のネット販売をちょこちょこしていました。ネット販売は月100万の売り上げで私と、幼稚園のママ友と一緒に梱包していました。

店舗ではなく倉庫。そのためいつもママ友と2人でひたすら梱包でした。

2014年1月15日私の娘が福岡教育大学付属の小学校に合格しました。福岡教育大学付属小学校は大濠公園の近くにあり、学校帰りにお店によって一緒に帰れればいいなと思い、合格してから1週間は大濠の方の物件を探していました。

その時は子供服の倉庫として使うことしか考えていなくてカフェをするという発想はありませんでした。

見つからないと思った時、今のお店がある店舗を主人が見つけてくれました。

2014年1月25日の朝だったと思います。その足ですぐに不動産屋さんに電話して物件を見せてもらいました。

お部屋に入った瞬間窓から見える緑に感動しました。

家賃も長丘と変わりません。広さも大濠の方が広い

運命を感じ「ここにする!」と言って決めました。

カウンターはなかったけどこの緑が印象的でした。

続きはまた次回

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です