2014年6月10日オープン、2017年3月31日閉店~ママの駅ストーリー④~2014年4月のこと 


❤ママの駅閉店は人生最大の断捨離

ママの駅閉店と皆様にお伝えしたのは、昨年の11月…

それから多くのお客様がママの駅へ駆けつけてくれました。
「閉店するなんてさみしい!!」
「こんな素敵なことをしているのになぜ閉店するのですか?」
「この子が大きくなるまでずっとママの駅あってほしかった」

と言っていただき本当にうれしく思いました。

泣いてくれたママやお子様もいました。
さみしそうにしてくれたお子様もいました。

 

私は本当に幸せを感じました。

できることなら閉店したくない、お客様とつながっていたい、大濠を離れたくない…そう思い内心ビジネスパートナーを探していました。誰か一緒に事業してくれる人はいないかな。しかし現れませんでした。

その現実を受け止め思ううちに

■ビジネスの世界は結果の世界
■結果が実際出なかったのは、本物ではなかった。
■本物であればどんどん広がっていく。
■例えがどうなのかだけど、本物ならネットワークビジネスのように人が人を呼び、またその呼ばれた人が人を呼びとつながっていくもの。
■いくらお客様がママの駅をほめてくださっても、自分の思いが素晴らしいものであってもママの駅に、そして駅長の私に落ち度や人を喜ばせるものがなかったので出た結果だと

色々な人と話し、自分で悩み、苦しみ、そう頭の中で今はまとめ、昨晩頭の中がすっきりしました。

今日からものの断捨離、引っ越し準備を本格的にし、セールを本格的にして、お洋服は本当に求めるママやお子様のもとにお嫁に行くように祈りながら販売していきたいと思っています。

カウンターも手作り、看板も手作り、珈琲も勉強して、お洋服も韓国に行って買い付け、保育士の経験、娘のお受験の合格経験も伝えていきたい、ママを癒して、お子様にも自信を持ってもらいたいという思いがこもって、ママの駆け込み寺な場所を目指していましたが、

自分の中では

タイミングではなかった

経営の実力不足

努力が足りない

足りないところがいろいろあった

その現実をしっかり見ていきます。

魂を込めていた分たくさん泣くと思いますが、
ママの駅を捨て、大濠を捨てて、人間関係を捨て、新たな道を歩んでいくと決めています。

今日から本格的に引っ越し準備をはじめます。

後約1か月よろしくお願いいたします。

❤ママの駅ストーリー第4話

2014年4月中旬の話です。

娘の附属小学校の入学式も4/11に終わり、4/15に長丘からママの駅の大濠に引っ越してきました。

一緒に働いていたママ友は、4/15の引っ越しの日、最後の段ボールがトラックにのるまで一生懸命手伝ってくれました。

最後の段ボールがトラックに乗った後、ママ友と新たな門出を祝杯しました。

そしてその後ママ友と別れ、すぐに大濠に私は向かいました。

引っ越しの段ボールが全部ママの駅の事務所に入った後、ママの駅の中がすごく広いことに気が付いたのです。

その時、「ママの駅ストーリー第2話」で書いていた、

ママ友が言っていた「たまには子供がいてもカフェに行ってくつろぎたいなあ~」
の言葉のような、カフェが作れるんじゃないかな?
そう思い浮かびました。
ただその時は、できるともわからなかったのでママの駅の中でカフェオープンができるなんて夢のまた夢でした。

 

つづく

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です