月別アーカイブ: 2014年6月

子供のご飯の好き嫌いの解消方法

私が保育士をしていたころよく相談を受けていたことの1つに
「私の子供は全然おかずを食べないんです」
「好き嫌いが多いんです」
と悩まれてた方が多かったです。1歳から年長さんのママまで幅広く
食べ物のことは悩まれていました。
確かにお子さんがおかずを食べなかったり、好き嫌いがあると将来的
に大丈夫だろうかと不安になりますよね。
またママがせっかく作っても子供が食べてくれないと悲しくなりますよね(>_<)

月齢、年齢別に好き嫌いの解消方法があります
もしも○○のお子様のママだったら…と具体的に書いていきますね。

○これを読んでいるママが妊婦さんだったら…
お腹の中に赤ちゃんがいる時からたくさんの食べ物をママが食べてあげてくださいね
そうすることで赤ちゃんも記憶します
○これを読んでいるママが赤ちゃんにおっぱいをあげているママだったら…
おっぱいを通じて風味を赤ちゃんは感じているようです
多くの野菜を食べてくださいね
○また1歳前の赤ちゃんをお持ちのママだったら…
離乳期にたくさんの色とりどりの野菜を食べさせてあげてください。
まだその頃のお子さんは食べ物に対してこれが野菜とかご飯とか意識していません。
だから細かくすりつぶしたりして食べさせてあげてくださいね。
ただもさもさしたもの、ぱさぱさしたもの(ジャガイモやサツマイモなど)はそのまま
食べさせると嫌がる子が多いのでクリームソースをかけてあげたりダノンのヨーグルトを
かけてあげるといいと思います。(アレルギーの有無を確認してから)

○1歳、2歳のお子様のママだったら…
好き嫌いが徐々に出てくる時期ですがまだ確立していないので大丈夫。
嫌なものが出たら首を振っていやいや、口に入ったものをペッと出してしまうことも
あるでしょうが、「一口だけ食べてみようね」と話しかけ少しでも食べたら思いっきり
拍手してほめて抱きしめてあげるそれを繰り返してください。
無理強いをすると食べる時間が嫌になるので、1口食べたら次これを食べて、ここまで
食べたらデザート食べようねと話しかけながら食べさせるといいですね。
今日はここまで食べたら大丈夫、次の日はここまでと食べたら大丈夫というふうに気長に
していくといいと思います。
デザートは小さいゼリーがおすすめです。ただ食べる時はスプーンを必ず使うこと
(安全のために。こんにゃくタイプはお勧めしません)
がいいです。

○3歳以上のママだったら…
好き嫌いは確立していく時期ですが、でも大丈夫!時間はかかっても徐々に良くなって
いくそう思いながらしていると自然になくなっていくそうです。
何人かのママが言っていました。
次のことを実践するといいですね。

1、まずお友達と一緒にご飯を食べることです。
同じくらいの年齢のお友達とご飯を食べていると「あっ自分が食べられないんだ」
ということがわかり少し恥ずかしい思いをするようです。そういう場に連れて行って
あげてください。

2、一緒にご飯作りを手伝ってもらうこと
たとえばピーマンの中の種抜き、レタスを破ってもらったり、トマトのへたぬき
などは危なくなく3歳以上ならできると思います。
ご飯を食べる時「○○ちゃんがこの野菜きれいにしてくれたからすごい美味しいよ」
と話すと1口でも食べてみよう、そんな気になってくれると思います。
そして食べたあとは「○○ちゃんちゃんと食べれたねー偉いねー」と褒めると
脳の中にほめられた!が残るので次も食べてくれるようになるかもしれません

1230066_368856783247100_424543922_n

3、野菜を一緒に育ててみましょう
この時期トマト、キュウリなど夏野菜をたくさん育てることができます。
今からでも苗が売っています。もしトマトが嫌いなら一緒に育ててみましょう。
毎日一緒に水をやり、お花咲いているのをみて、実がなるのをみると
できた時食べてみようという気持ちになるかもしれません。

omoide

 

その他、お母さんが料理するところを見せる、親が好き嫌いせず美味しそうに食べる
可愛くもりつけるなどがあります。

少しずつこれを読んだママの助けになるといいなあと思います。
最後まで読んでいただいてありがとうございました(*^^)v

 

今日も1日終りました。

今日も1日終りました。
15時半ごろお客様が来て16時に帰ろうとされたとき雨が降っていて
今福岡はかなりのどしゃぶりの雨です。
お客様ちゃんと帰れたかな…。

明日の営業時間と直近の定休日のお知らせです。
明日は14時から17時まで営業します。
そして定休日は日曜、祝日ですが
その他 7/1(火)
7/9(水)
7/17(木) お休みします。
理由は娘の学校行事と学校の懇親会がありまして。

今年娘は小学校に入学しましたが学級委員になったので色々と学校のお手伝いがあります。
大きな行事の時なんて頻繁にいかないといけなくなります。
そのためママの駅でカフェメニューを作れる人軌道にのったら探さないといけないなと思っています。←かなり本気(笑)

委員になると結構学校行事で最低月2回は学校に行くことがあり仕事を持っている人にとっては大変なこともありますが、逆に良いこともあります。

小学校に入ると幼稚園、保育園と違って1人で学校に行って帰ってきてくれ楽になりますが、その分幼稚園や保育園のように毎日先生と顔を合わせないので学校でしていることが見えなくなるし、先生とも連絡帳や個人面談ぐらいしかゆっくり話せなくなります。

行事以外は月1回の参観、懇談しか学校に行かなくなると思うので
知り合いのママも出来にくくなります。

委員になると頻繁に学校に行くので子供たちの様子もわかるし、先生とも話せたりします。
子供達は私の顔を知っているので話しかけてくれたりします。
ママたちも学校の質問がてら向こうから話してきてくれます。
↑かなり不純な意見(汗)

実は小学校に入学した時他のママたちは幼稚園や習い事で一緒だったということでもうママたちの輪ができていて、私は1人ポツンといてました。
私以外に数人そういう方いましたが何を話したらいいかわからず、黙ってました。
私って結構話したことがない人に話すの緊張するんです。
(そう見えないといわれるんですがそこは昔(小学生の時)と変わっていなんですよね)

保育士時代も4月、子供たちは私になれないのか私の顔を見て泣き(ショック!)、
保護者も不安な顔をされているので話すのに緊張していました。
徐々に紆余曲折を重ねながら仲良くなるんですが。
話が前後してすみません。
委員をしているとママと仲良くなったりいいこともあります。

ママの駅では子育て相談(ドリンク付いて30分540円)ものっていますが、ママ個人の相談ものっていますよ。

今の時期の悩み「ママ友ができないのですが」という悩みが多いと思います。

「私は焦らず気にしないでゆっくり探せばいいですよ。」と言っています。
1人ポツンといても輪ができているママは自分たちが話すことに夢中になっているので多分気にしていないですよと話しています。

ただ懇親会とかある場合は知り合いがいない場合は出来れば参加するようにすればそこで知り合いの方ができると思います。
私も幼稚園の懇親会の時(幼稚園でも入園した時知り合いがいなくて1人ポツンでした私ってそんな運命(笑))
懇親会の前日から緊張して当日も緊張していましたが行って
話が弾んだので良かったです。(書いててなぜかその時のことを思い出しドキドキしています)
後大変だけど何か積極的に手伝いを募るときは手を上げてしてみたり、委員に手をあげてみたりするといいですね。
そこで徐々に知り合いが出来、相性が合えばママ友が出来てきます。
時間がかかっても良い人に出会えばいいと思いますよ(^^)

ちょっと長くなりましたが、何か悩んだ時、つらい時、わからないときコーヒーや紅茶を飲みにママの駅にお越しください(^^)/
緑を見ながら癒されてくださいね。

cropped-1-1.jpg