月別アーカイブ: 2015年9月

お洋服さんたちが毎日お嫁に行っています

こんばんわ(*^_^*)

ママの駅のお洋服さんたち毎日お嫁に行っています。

そして喜びの声が…

11990401_1676310802598604_4937527775010915729_n

ママの駅のお洋服を着せて公園に行くと

♡かならず可愛いねって言われるんです♡

♡そしてママの私もその辺のママからほめられるんです♡

♡パパにもほめられた♡

と喜んでくれています。

ママの駅のお洋服、ママやお子さんが好みでなかったら私は無理しておすすめしません。

でも可愛いなと思ったら一度だまされたと思って買ってみてください(^_-)-☆

フリフリは女の子の夢~☆

お洋服を買うことは贅沢でなく、愛情だと思います。

スマホ時代、写真をパチリとることが多くなりました。

ママの駅のお洋服は決して高くありません。

いつか多くの方がママの駅のお洋服をきて喜んでくれた時、愛情教育の一つとしてお洋服のお話や講座ができたらいいなと思います。

11948046_729448773854564_366299518_n

 

夏休みの娘との思い出

夏休みが終わってしまいましたね…

我が家も娘が小学校へ行きはじめてほっとしています。

みなさんも夏休みお子様と素敵な思い出ができたと思います。

私も娘と色々な思い出ができましたが、

その1つとして娘と「ラブライブ」の映画に一緒にいったことが思い出になりました。

娘はとてもアニメが好きでプリキュアは全種類見てきました。プリキュアはじめ、アルプスの少女ハイジや小公女セーラなどアニメをみて元気をもらうことが多いみたいで、長時間見せなければ、親子との絆を深めていれば、ちゃんと距離を守ればテレビは子供の教育に悪いと完全否定はしなくてもいいのではないかなと思っています。

話はそれましたが夏休みに入った時、娘が「ラブライブの映画がみたい」というので、私もストーリーを理解しないといけないと思ってテレビでしていたラブライブを全編みました。

ラブライブは世の中ではオタクが見るものって言われているみたいですが、オタクは私は別に何とも思いません。好きなものがあるって別にいいやん、ほっとけばいいやんって思ってしまいます。

ラブライブ全編見て、勇気をもらうストーリーでした。

lovelive-movie01-1024x576詳しいあらすじはこちらです↓

音ノ木坂学院は統廃合の危機に瀕していた。
学校の危機に、2年生の高坂穂乃果を中心とした9人の女子生徒が立ち上がる。
私たちの大好きな学校を守るために、私たちができること……。それは、アイドルになること!
アイドルになって学校を世に広く宣伝し、入学者を増やそう!
ここから、彼女たちの「みんなで叶える物語」 スクールアイドルプロジェクトが始まった!

http://www.lovelive-anime.jp/prologue_1st.html

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

性格の全く違う9人が集まってみんな9人とも、何かコンプレックスを持っている女の子たち

でもお互いを認め合いながら、喧嘩し合いながらも、最初は学校内で認められなかったスクールアイドルも、一生懸命頑張ることで最後はラブライブ優勝までいきます。

 

最初はできないと、こんな私に何かにできるはずもないと思っていた彼女たちが、可能性と夢を見つけるストーリーでした。☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

お子さんに、そしてママたちも夢を追えば、最初ダメでも絶対かなう、何かに一生懸命がんばることは美しいことを教えられるアニメです。

私はラブライブ多くの方に感動と勇気を与える物語でおすすめです。

 

 

 

今日もたくさんのお客様がきて頂きました

本日も無事に終わりました。

 

ありがとうございます(*^_^*)可愛い子供たち、そしてお子様に愛情深いママのもとへたくさんのお洋服達がお嫁に行きました。

ママが笑顔で一生懸命お洋服を選んでいる間子供たちは、絵本を読んだり、おもちゃで遊んだりしてくれています。お友達もいて一緒に仲良くなったりして楽しそうです☆

11898677_1668679503361734_7517330838854124352_n

テレビでも紹介されていたけど、こんな感じ(^-^)

保育士が厳選した本、おもちゃがありますよ。

ブロック楽しそうです。

今日から9月☆

テレビ放送されてから毎日お洋服を買われる方達でママの駅は満員!(^^)!

ものすごくありがたいです。

お子さんはキッズスペースで遊ばせながら、ママはその可愛いお子様へのお洋服選びで一生懸命で、これどうかな、あれどうかなって迷っているママの姿を見ていると嬉しくなります。

子供服屋、はじめたのは私の娘の洋服を探すところから始まりました。色々な店をまわったけど高かったりして、主婦のお財布に優しくそれでいて可愛いお洋服ってないかなって探して1年…

韓国に行きこれだって思いました。

あれも着せたいこれも着せたい、そう思ったところ、そういうママ達って何人かいるんじゃないかな?と思いお洋服屋さんしようとおもいはじめました。

11051100_645735715559204_205822878_n

ただお洋服はなかなか買うことに罪悪感を感じている人が多いのか、お洋服買うくらいなら、おいしいものにお金を使おうとか、他に使おうと考えられている方が多かったです。

だからテレビ放送されるまで、子供服は難しいのかなと考えていたけど、

実際テレビで放送され求めていた人が多いのだなと思い嬉しく感じます。

私の思いが通じた…

テレビに出てくれていたママも言っていた言葉

「子供時代って写真がたくさんある。写真に残す時に子供に可愛い服を着せてあげたい」

「子供のお洋服にお金をかけてあげることは贅沢ではなく愛情」

わたしもそう思いました。

ママの駅では子供さんがお洋服を選んで、嬉しそうです。

そこでママに買ってもらうとにっこにこの笑顔で微笑んでいます。

ママがお洋服を選ぶ姿、おこさまが喜ぶ顔を見ると嬉しい!(^^)!って思います(*^_^*)

ママの駅でたくさんワクワクしてくださいね!!11012674_992575804110421_2376728110699268801_o