月別アーカイブ: 2015年11月

今日のお客様2015.11.26

ママの駅では最近出産祝いにお洋服をといわれて買いに来られる方がいらっしゃいます☆

生後2週間の赤ちゃんへのプレゼントが喜ばれましたと写真を送ってくださいました。

顔出しは1部okということで目を隠しました。

2015年11月13日産まれの赤ちゃん♡

12310411_759714300828011_172903396496939869_n

このお洋服を着るのは来年だけど、大きくなるのが楽しみだといわれていたようです。

赤ちゃんは出産祝い、今着るお洋服は頂くことが多いけど、1年後のお洋服はあまり頂かないので

喜ばれるとか。80cmのお洋服からママの駅にありますが、生後半年から2歳まで着ることができます。

こちらのお洋服が贈られました。

 

1801315_1560246427538376_1849468323428056120_o

 

すくすく大きくなってほしいです♡

今日のお客様(*^_^*)2015.11.25

みなさんこんにちわ(*^_^*)

お洋服をご購入頂いたお客様のご許可を頂いて、ブログとfacebookに写真の方をできれば毎日紹介させていただければと思います。

おばあちゃんとママと、可愛い弟ちゃんと一緒にママの駅に来てくれた5歳の年中さんの女の子♡

12249876_1694629617433389_1769562025794971398_n

本当顔も、立ち方から、しぐさまで可愛いーーーーーー♡♡♡

12246922_1694629664100051_7048647423079689231_n

笑顔が可愛く、おしゃれさんで、しっかりさんの女の子のもとに、5枚のお洋服がお嫁に行きました!(^^)!

着ていただいている、トップス、カーディガン、スカート、そしてもう一つトップス(写真がありません)、写真のニット系ワンピがお嫁に行きました♡

12290474_759218857544222_519232403_o

嬉しかったです!(^^)!写真の女の子が多くの人たちに可愛がられて幸せになりますように!!

このニット系のワンピは昨日きてくださったもうすぐ1歳のおこさんのもとにもお嫁に行きました!(^^)!

ありがとうございます♡

 

ママの駅、原点に戻りたいと思います

久しぶりのブログの投稿になります。

私は文章力が全くなく読み苦しい文になりますが今日は自分の気持ちを書きたいなと思い、パソコンに向かいました。

1、ママの駅、原点に戻りたいと思いますと思った理由

ママの駅、今は改装に向けて1日1日店が変わろうとして充実しています。ママの駅がオープンして1年半なかなか自分は動けずいました。そんな私に、ママの駅のお客様で仲良くなった方がいて、ママの駅の事を子連れで行けるカフェって本当にいいって言って下さって、ずっとママの駅があってほしいから一生懸命お店を変えましょうと言って下さったかたがいました。そして改装に踏み切りました。

また8/26の日にお客様のお陰で、ママの駅がアサデスに出るようになってからたくさんの方に知って頂きました。それまでまったりーゆっくりー過ぎていくママの駅でしたが、それからはお客様が多く山口から、宮崎から足を運んでくださいました。そしてお子さんもお洋服を見に来て下さり、嬉しそうな顔をみて帰られていき、自分も嬉しくなりました。ママの駅をはじめて良かったと思いました。

たくさんの方が応援してくれるママの駅、スタッフもママの駅を良くしたい、と思うママの駅のファンの方が集まっています。たくさんの方がこんな私を訪ねてくれて、会ってくれて、本当に嬉しいです。

でも私はこんなみなさんに甘えてしまって、少しトラブルがありました。

私はママの駅をたてたとき、しっかりした自分の思いがあったのですが日々過ごしていくと、自分の思いを忘れ去り流されていきました。

そして原点に戻りたいと思いました。

2、私の失敗、経験からママの駅をはじめました

どうしても人から、アドバイス意見を言われると私は間違っていたかなと思い、すごく反省し、謝ってしまいます。でもそれが相手に対して不快な思いを与えてしまいます。そこが昔から悩んでいる自分の性格です。何でも1つ1つ真剣にとってしまいます。その性格のせいでこの年まで苦労しています。

でもこの性格があったからこそ、ママの駅をはじめました。そしてお洋服も販売しました。ママがキラキラ輝くアクセサリーも作家さんに頼んで販売したりママが自信つくワークショップもはじめました。

私の母は前もブログに書きましたが、専業主婦になり、社会にでないということで自分がなにも出来ないことに卑屈に思ったのか、良い母親像でいようとする母でした。だんだんひきこもりになり、ストレスが原因で6年前59歳でこの世を去りました。

母にこんな時、ママの駅みたいなところがあって、もっとキラキラしたいんです、もっと変わりたいんですと相談するところがあったら気が楽になったのだろうなと思いました。子育て相談ができるカフェがあれば変わっていただろうなと思います。色々辛いことがあったけど、頑張ろう頑張ろうと母はしていたと思います。あまり涙を見せない母でした。でもその悲しみが怒りに変わっていたと思います。

母は子供が思い通りにいかないと、怒ったり、謝らせたり、たたいたりしました。私も何度もたたかれました。私もずっとひかれたレールを歩く人でした。私も、悪いことをしたり怒られたらごめんなさいとすぐにいう子供でした。そう言わないとたたかれました。頑張って、私は母親を喜ばせようといい大学に行き、就職しました。

すごく神経質な母で、土いじり、外遊びさせない母でした。

でも自分の中ではいつもこれでいいのという葛藤がありました。

ワクワクすることもなく頑張りすぎた!そうしか思いませんでした。

服も自分で選ぶことができませんでした。母がこれといった服を着るこどもでした。私が1回母がいないところで選んだことがありその服を抱きしめて寝たことがありました。そしその服をみて友達がセンスいいよねとい言ってくれた時嬉しく思いました。

そんな母を見てきて、そして、今の自分をみて、ママと子供のためにという思いでママの駅をはじめました。

3、私が子育てに気をつけてきたこと、心がけてきたことをいつか教えたいそんな理由でママの駅をはじめたのもあります

私がつらい経験をして、つらそうな母を見てきて、そんな8年前母になりました。

私は娘が産まれた時、たくさん成功体験をさせて自信のある子供にしたいと思いました。次は心身ともに健康な子供にしたいその2つを強く思いました。どちらも私ができなかったことです。

だから娘がこれに興味があるというものを見つけたら、一生懸命伸ばして、ほめてきました。

野菜を育てたい…一緒に野菜を育て料理に入れたりしました

小学受験したい…仕事を抜け出し一緒に塾に行き、自分もたくさん学びました。そして受からせてあげたいと思い必死に神社にお願いしました。そして合格しました。

習い事…これをしたいというものしか習わせませんでした。でも習わせたら一緒にしました。テニス、私はこの年までしたことがないのに、娘のモチベーションをあげようと思い、超ビギナーではじめました。娘の気持ちをわかりたかったからです。娘に格好悪いお母さんを見せてしまうかもしれません。でも娘がやめたいいったとき気持ちがわかってあげれると思ったのです。

料理…年長さんからさせてあげました。たくさん台所は汚れるけどさせています。1つお弁当ができるたびに笑ってくれているからそれがいいと思います。

ごはん…どんなに仕事が忙しくても、一緒に食べ、野菜たくさんのものを作るようにしました。そのおかげで小学校2年間休んでいません。

服…全部娘コーディネート。それを可愛いと言われて自信がついています。

娘は私と180度違う、自信のある人生を歩んでいます。いつか、自信のある子供の育てかたを色々な方にできたらいいなとおもいます。

4、最後に

まとまりのない文で終わってしましたが、ママの駅最初思い描いていてお店を思い出しながら日々頑張っていこうと思います。どうかみなさん、日々ママの駅は変わっていきたいと思いますので、どうレからも宜しくお願いします。

17日以降改装したお店を見に来て下さい☆待っています。

1-1